2011年5月10日火曜日

ユッケ食中毒、廃用牛の肉「生肉向けでない」

焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、客が食べた生肉のユッケに業界で生食向けでないとされる出産を繰り返した「廃用牛」が含まれていたことが9日、読売新聞の調べでわかった。

今度は、肉を卸していた食肉加工卸業者「大和屋商店」(東京・板橋区)が、問題ですね

大和屋商店 社長は、記者会見orTVに出てくるのでしょうか?

それとも、「えびす」の責任として話を持っていくのでしょうか?
どちらにしよ、「えびす」も安い肉って言う時点で安全面や疑ってみないといけないのでは?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000639-yom-soci

追加
(株)大和屋商店
http://www.yamatoya-co.jp/company.html
本社住所 〒173-0014 東京都板橋区大山東町20-3
板橋営業所住所 〒173-0014 東京都板橋区大山町37-4
代表者 長田 長治
商号 (株)大和屋商店 (ヤマトヤシヨウテン)    
設立 昭和61年 7月
創業 昭和61年 7月
資本金 20,000 (千円)
従業員 15 人

現在は、HPが消してあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/t_mit21/3464618.html
こちらのブログに顔写真がありました。

2 件のコメント:

NANASE さんのコメント...

大和屋商店、確かに問題ですね。

今回の件は、起こるべくして起きたとといえますね。

>大和屋商店 社長は、記者会見orTVに出てくるのでしょうか?
きちんと、釈明しなければいけませんね。

HP消すなんて姑息なことしているし。

Neo Moon2020 さんのコメント...

今回は、お互いが安い肉や廃肉で儲けようとして起きたことです。
ソロソロ、大和屋商店は表に出て何かしらのコメントが欲しいところですよね。

Androidと話題ネタを