2011年7月10日日曜日

東京電力 節電!!節電!!は、原発維持のための陰謀だった

合計で約20分ぐらいありますが、見るとアレって思ってしまいますね。
この数字が本当なら、東京電力は詐欺ですなぁ。
原発は必要と思わせる為の数字のトリックにもなっていないですね。
ソースは、
http://digi-6.com/archives/51749931.html

足りているのに、足りていないという、名古屋大学 高野雅夫准教授と大阪府の橋下知事が言うように、世論操作や原発が必要と言う事に・・・。

米ベライゾンがスマフォ通信料金を従量制に、増加するトラフィックによって定額料金が破綻!!

米ベライゾン・ワイヤレスは7月7日より、スマートフォン向けのデータ通信プランで定額料金制を廃止し、すべて従量課金へと移行した。

新しい料金プランでは、最低料金だと転送量が2GBの30ドルとなり、これを越えた分については1GBごとに10ドルとなる。ヘビーユーザーに対しては、5GBまでで50ドル、10GBまで80ドルという、上位プランも用意されている。

米国ではすでにAT&Tが定額制を廃止し従量課金制へと移行していたが、ベライゾンがこれに追従したことで、米国ではワイヤレス通信の定額制廃止の流れが決定的になった。
ワイヤレスに限らず通信全般は定額制となったことが、普及する上で大きな要素となった。しかし、映像コンテンツの増加と高解像度化、バックグラウンドで通信が頻発するスマートフォンの爆発的な普及によって、通信トラフィックが急速に増大している。

日本では現在、キャリア間の料金競争が活発だが、端末のスマートフォン比率が高まることによる、トラフィック増加に各キャリアは悩まされている。特 に3G回線は電波帯域がひっ迫しており、LTEやWiMAXなどの次世代規格やWi-Fiへのトラフィックを分散させようとしている。しかし、ワイヤレス 通信回線の整備には莫大なコストが掛かるため、日本でも定額料金を見直す気運が今後高まっていくと思われる。
(青山 祐輔)


自分も、GALAPAGOS 003SHを持って初めて解ったのですが、意外とWi-Fiポイントが少ないですよね。
まぁ、自分の住んでいるところは田舎だから仕方がないですが、マクドナルドぐらいしか・・・。

WiFiできるポイントが増えれば良いですけど、まぁ、色々と問題もありますから難しいでしょうね。
パケットの使用量はスマフォが売れれば当然比例して増えるので、これから、日本も危ないなぁ。



人気ブログランキングへ

003SHのカバーをシリコンからハードカバーへ衣替え

GALAPAGOS 003SHのカバーをシリコンカバーから、ハードカバーに衣替えしました。

夏になって薄着になり、胸のポケットに入れる時にシリコンだと、スルッと入ってくれないので、
ハードに変えてみました。

ハードの方が冷たい感じかして良いのもあった。

秋頃になったら、シリコンに変える予定です。

人気ブログランキングへ

Androidと話題ネタを