2012年8月26日日曜日

Yahooメールの内容解析して、利用者にあった広告を表示する。

ヤフーは、メールの内容を自動的に解析し、利用者の興味にあった広告を表示するサービスを9月にも始める方針を固めた。

このサービスは、「ヤフーメール」のタイトルや本文を自動的に解析し、メールの利用者が興味のある広告をメールのそばに表示するというもので、ヤフーは、このサービスを9月にも始める方針。

メールを解析して表示する広告は効果が高いといわれているが、このサービスをめぐっては、電気通信事業法で保護される「通信の秘密を侵害するおそれがある」として、総務省が、利用者からの同意をその都度取るべきだとする一方、ヤフーは「利便性が損なわれる」と反対している。

電気通信事業法は、国内に通信設備を持つ事業者が対象のため、アメリカのグーグルなどは、すでに日本で同様のサービスを行っていて、ヤフーも今回、サービス開始に踏み切る方針を固めたもの。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00230251.htmlこちらのソース先より引用しました。

ヤフーメールって、そんなもんだろう。
スパムメールに使われているし。
スパムメールに使ってる、業者の広告はどうなるのだろう?

まぁ、あるけど、使っていない。塩漬け常態なのでべつにいいかなぁと・・・。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

Androidと話題ネタを