2012年8月17日金曜日

ソフトウェア更新後の101Fの感想です。

昨日ありました、ARROWS A 101Fのビルド番号 V45R37B、ソフトウェア更新後の感想です。

・稀にリセットや電源自然切れが発生する事象の改善
・指紋認証機能の精度向上

今回のソフトウェアの更新で、上記がよくなったということですが、今まで私はこの現象は出ていなかったので、あんまり参考にはならなかったです。

※ 上記事象以外にも、より快適にご利用いただくための更新が含まれております。
こちにも、あんまりわかりません(;´Д`)

Docomo T-02Dの兄弟機種にソフトウェアの更新がまだ、着ていないので、どうなんだろうね。
今日あたり、T-02Dにも来るのかなぁ。あっちがユーザー数が多いから、不具合がアレば、大変なことになると思うが・・・。

以前から、101FのWI-FI受信感度が弱いと言っていますが。
不具合といえな無いが、003SHや006SHのシャープ製と比べると、全然、悪いです。
今回のソフトウェアの更新では、WIFIの所は治っていなかった様子です。

富士通さん、シャープさん。WIFIの感度をソフトウェアの更新で治るようでしたら、お願いします。
多少、私個人の意見では、電池持ちが悪くなってもWIFI運用をしたいので。

しかし、発売して約一ヶ月位でソフトウェアの更新が来ました。
これは、良いことなのか、悪いことなのか(;´Д`)

今後、ソフトウェア更新(アップデート)で、Android 4.1 Jelly Beanなるかなぁ・・・。
流石に、RAMはあってもROMが足りないか・・・。
でも、Android 4.1なったら嬉しいですよね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Androidと話題ネタを