2012年11月18日日曜日

ペニーオークションでサクラ、突然閉鎖する。

入札ごとに手数料が必要なインターネットの「ペニーオークション」で購入意欲をあおる「サクラ」を介在させたとして、NPO法人「消費者支援機構関西」(大阪市)が運営会社(東京)に全国初の消費者団体訴訟を起こすと通告したところ、突然、サイトが閉鎖されたことがわかった。

 参加者に何度も入札させ、不当に多額の手数料を得ていた疑いがあったという。

 今回、閉鎖されたのは「ダイヤモンドオークション」。家電製品などが出品され、全商品とも0円からスタート。参加者が入札すれば、価格は商品によって1~15円ずつ上がり、終了時間が20秒間延長される。

 同機構が入札履歴などを調査した結果、5月中旬の24時間で落札された商品220点の価格は、同社の売り上げ(落札価格と手数料の合計)の約5倍に上った。
(2012年11月17日15時13分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121117-OYT1T00537.htmこちらのリンク先より引用しました。

サクラですね。
やはり、あんなり安く購入はあやしいよ。
また、今まで平気だった事があやしすぎる。

また、色々な方法で、あらたなるのが出てきそうですが。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Androidと話題ネタを