2013年2月20日水曜日

ASUS X101CHをSSDに交換する手順。

ASUSのネットブックX101CHをSSDに交換したので、メモ的に記録として残しておきます。
誰かの役に立てば、嬉しいです。


先に感想は、早くなりましたね。
メモリーが1GBしか積めないこのX101CH・・・。
メモリーを増設したくてもできない(´Д⊂グスン

しかし、SSD化したお陰でかなり、サクサクになりました。


交換したSSDは「Samsung SSD840 ベーシックキット120GB MZ-7TD120B/IT」です。
先日、自分のブログで1日20GBの書き込みテストで3年しか持たないとも・・。
まぁ三年持てば十分かなぁと思い購入しました。
最近SSDの値段が円安で高騰していますからね。
120GBですが、自分は60GBでも十分だったかも(-_-;)

さて、交換はUSBリカバリーをしました。
先に、16GBのUSBリカバリーをマニュアルを見て用意しておきました。

使った、USBはこれです。USBもリカバリー時に相性があって認識しないと言う話も以前聞きましたので、いろいろ調べてこれにしました。
リカバリーのUSBを作るのに16GBが必要です。中身は5GBぐらいしか使わないのですが、16GB無いと作れません。


さて、これからが交換です。
個人のデータや設定等はバックアップしてWEBストレージやらUSBにバックアップしておきましょう。
また、開封するとメーカー保証が効かなくなるので自己責任で。
※各写真はクリックすると大きくなります。
ネジを全部はずしましょう。
電池を外したところにもありますので注意を。
 ここにも、ネジがありますので注意を(-_-;)
ここから、プラスチック等で傷がつかないものを使ってこじ開けてください。
※一番、注意を使ってください。自分は要らなくなった基板の耳を使いました(-_-;)
普通は、無いよなぁこんなの・・・。
ここに、引っ掛かりが左右に同じ所にあります、ピンセットなんかで押してください。
 はい、キーボードをパキパキゆっくりと、線引き等を入れて少しずつ開けていくと簡単に開きます。
ハードディスクがマザーボードにネジ止めされているので外しましょう。
ネジが外し終わったら、横にスライドすると取れます。
ハードディスクの周りに付いている金具を使いますので外しておいてください。
はい、セット完了です。
HDDにあった金具をSSDに取り付けて、セットします。
左側にBGAタイプのメモリーがオンボードでついていますね。
亀さんみたいにメモリーを上に載せることも無理か・・・。
むかし、亀亀メモリーみたいにできるかなぁと思ったけれど(^^ゞ
※キーボードとマザーボードに付いているフレキシブルケーブルを断線しないようにしてください。

SSDをつけたら、あとは、キーボードをパチパチはめてネジ止めをしてください。
リカバリーの仕方です。
USBリカバリーを差し込んで、電源を入れてください。
自分は、以前にBIOSの設定で、このUSBメモリーをHDより先に読み込むように設定しておいたので、電源を入れたら読みに行ってくれました。
あとは、画面の出てきた支持に従えば、OKです。
HDにリカバリーを選べは、OKです。

時間的には、HDをSSDに交換は写真を撮ったりしてゆっくりで、20分ぐらいです。
USBからのリカバリーも約20分ぐらいでした。

Windows7の設定は10分ぐらいですが、その後OSが立ち上がってからの更新が約30分ぐらいかかりましたね。

その後、今までの設定やら必要なプログラムのダウンロードやデータの移し替えをしましたが、早いねSSD、静かだし。

SSDで快適になりましたね。
2Dの描写は相変わらずですが、ネットサーフィンはかなり良くなりました。
120GBしか保存容量が今回は無いですが、使い方を考えれば十分かなぁ。

後日、SSDのスピードやらHDとくらべての感想を書いてみますね。
とりあえず、今日はここまでで(^^ゞ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

Androidと話題ネタを