2013年2月27日水曜日

まだまだ、ガラゲーが60%をしめている。

街中で老若男女誰もが持ち歩いているのを見かけるスマホ。フィーチャーフォンと呼ばれる従来の携帯電話は「ガラケー(ガラパゴス携帯)」と皮肉めいた呼称を付けられ、すっかり前時代的扱いだ。10代女子の間では「まだガラ女じょし子(まだガラケーの女の子)」という言葉まで生まれているという。
ガラケーとスマホの割合

「フィーチャーフォンは完全に廃れてしまったという感覚がありますが、スマホの契約数は37.7%と3分の1強で、依然フィーチャーフォンのシェアは根強く残っています」とMM総研の通信アナリストである篠崎忠征氏は話す。

料金の高さや、とっつきにくさでスマホを敬遠している人も多い。また携帯電話を長時間使う記者や営業マンには充電がすぐ切れてしまわないようフィーチャーフォンに戻す例も頻発する。

「高齢者向けの簡単携帯や、防犯ブザーのついた子供向け携帯など、ニーズに特化したフィーチャーフォンはまだまだ人気です。ソフトバンクではiPhoneの次に売れていて、新規加入契約も確実にとっています」(篠崎氏)

http://president.jp/articles/-/8707こちらのリンク先より一部引用しました。詳しくは、リンク先を

ソフトバンクではiPhoneの次に売れていて、新規加入契約も確実にとっています」
しかし、これて逆に考えれば、iPhone以外、ソフトバンクで欲しい端末が無いって言っているようなものですよね。

電話とメールだけなら、ガラゲーで十分です。
料金も安いからね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

101SHが、修理から帰ってきた。

AQUOS PHONE 101SHが修理から帰って来ました。

着信音がならないのと。
ハードキー、十字キー上のLEDが光らないので、修理に出しました。
11日間かかりましたね。

外部スピーカーは治りましたが、十字キーの上LEDは治らず・・・。

基板交換をしましたね。

バックアップからすぐにデータを復旧して今まで通りに、使っていますが。
オールリセット後?修理後なのでサクサクです(;^ω^)

USBの蓋が壊れていたというので、外装修理1260円もかかってしまった。
ポイントが少し有ったので、使いましたけれどね。

USBの蓋、壊れていなかったと思うが・・・・。
証拠写真撮っておけばよかったよ。

でも、綺麗になって帰って来ました。
今回、不思議なことは、画面保護フィルムが帰って来ました。

今まで、一度も帰ってきたことがなかったのにね。

綺麗に取ってあつたので、貼り直したら使えました。
良かったよ保護フィルムは買わなくて(;^ω^)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Androidと話題ネタを