2013年4月17日水曜日

WindowsXPサポート終了でも中国がサポートを提供してくれる。

「Windows XPのセキュリティ更新プログラムの提供などのサポートを終了するなら代わりにやってやる!」と立ち上がったセキュリティベンダーが登場した。

 そのベンダーの名は「奇虎(qihoo)360」。日本でもまれに炎上商法で知名度を上げるサイトなどはあるが、奇虎は検索の「百度(Baidu)」やチャットの「騰訊(Tencent)」などの億単位のユーザーを抱えるベンダーと真正面で喧嘩し、知名度を急激に上げていったベンダーである。最近では割と落ち着き、中国でLINEの展開を行なっている。

 奇虎はマイクロブログ「微博(Weibo)」のオフィシャルアカウントで、「Microsoftのサポート終了後、360がセキュリティパッチを配布する」と発表するや、「支持する! 永遠に360を支持する!」というコメントが多数あがった。

 中国ではセキュリティソフトのシェア争いも非常に激しいため、顧客獲得がためこうした方針を打ち出したのだが、日本に進出したキングソフト(中国名:金山軟件)なども含め、他のベンダーが追随するのか気になるところ。

http://ascii.jp/elem/000/000/780/780156/index-2.htmlこちらのリンク先より一部引用しました。詳しくはリンク先を。


中国・・・。(゚A゚;)ゴクリ
独自にサポートして変なパッチとか入れないよね。
なにもしないで、そのまま使うほうが安心かもね。

中国は、海賊版(コピー)のXPが多く出回っているから、このような商売が成り立ちそうです。

数年後、魔改造されて原型を留めていないXPになりそうです(;一_一)

Androidと話題ネタを