2013年6月1日土曜日

無線ルーターの近くでは野菜が育たない。

デンマーク在住の女子学生5人が実験を行い、無線 LAN ルーターの近くでは植物が育たないことを実証した。デンマークメディア DR が伝えている。

実験を行ったのは、デンマークの North Jutland にある Hjallerup 校に通う9年生の学生たち。彼女らは、枕元にモバイルフォンを置いた場合、寝つきが悪かったり、翌日学校で集中できなかったり、といったことを経験した。このため、モバイルフォンが人体に与える影響を検証したいと考えたという。だが、学生たちが通う学校には実験設備がなかったため、代わりに植物に与える影響を検証することにした。

実験にあたり、学生たちはコショウソウと呼ばれる野菜の種子を植えた12個のトレイを用意。そのうち6個を無線 LAN ルーターの無い部屋に、残りの6個を無線 LAN ルーターが2つ設置された部屋に置いた。学生たちは、モバイルフォンではなく無線 LAN ルーターを設置した理由を、ルーターはモバイルフォンと同種の電磁波を発しているからと説明している。その後12日間、学生たちは種子の観察を続けた。発芽状況を文書と画像で記録し、トレイの重量を計測した。

12日後、無線 LAN ルーターの無い部屋のコショウソウは通常通りの成長を示した。だが、無線 LAN ルーターのそばに置かれた種子の多くは成長せず、中には突然変異を起こしたり、枯れてしまったものさえあったという。実験に参加した学生の1人、Lea Nielsen さんは、この結果について次のように語っている。

http://entabe.jp/news/article/2011こちらのリンク先より一部引用しました。詳しくはリンク先を、リンク先に写真もあります。

WIFIって体にわるいと思われると困りますね。
あくまでも、今回の実験の結果なので、もう少し詳しく検査してもらわないとね。

もう少し実験して本当にやばいなら、止めないと。
ちと、資料としては検証数が少ないが、面白い実験ですね。

WIFIの周波数やら、距離なども調べ貰うと今後は良いかもね。

しかし、今の御時世、集合住宅に住んでいる人だと、もう、むりっぽいが。

Androidと話題ネタを