2013年8月5日月曜日

Windows Phone8だとRAM512MBでも問題無いらしい。さすがOS屋と言うべきか。

OSやアプリの高性能化が進むにつれ、携帯端末に搭載されるRAMメモリの容量は増加の一途をたどっていますが、Windows Phone 8搭載端末においては、いまや貧弱とも思える512MBのRAMでもなんと全体の99.7%のアプリが動作することがわかりました。
http://gigazine.net/news/20130803-windows-phone-8-apps-run-on-512mb-memory/こちらのリンク先より一部引用しました。詳しくはリンク先を。

さすがはMicrosoftと言うべきか?
OS屋が作ると、まぁ、ノウハウがはありますからね。


Androidはスペックを必要としているOSとは感じていましたが、WindowsPhoneってそこまでRAMの管理が良いのですかね。
そうすると、RAMを1GBや2GBつんだら、サクサクですなぁ。

Androidは、2013年冬モデル、2014年春モデルでRAMが3GBや4GBに突入ですか。

すごい世界だなぁ。


RAMが多ければ多いほど良いけれど、OSの方がもう少し制御して欲しいですね。

WindowsVistaちゃんを思い出しますね。

Androidと話題ネタを