2013年11月1日金曜日

Android 4.4(KitKat)発表。RAM512MBでも動く新OS。003SHや006SHなどに・・。

ChromeやYouTubeも含むシステム全体で必要なメモリ消費量を削減し、搭載RAMが512Mバイトの端末でも問題なく稼働できるようにしたという。これにより、これまで最新OSに手が届かなかった10億人に新OS搭載の廉価な端末を提供できるとしている。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1311/01/news037.htmlこちらのリンク先より一部引用しました。詳しくはリンク先を。

512MBのAndroid端末でも快適に動くよう設計されているって。

(; ̄Д ̄)なんじゃと?

そうすると、数年前の端末が蘇るということですか?
003SHや006SH、005SH、007SH、009SH、101SHなどに、Android 4.4が来る?
(;^ω^)

んなわけないなぁ。
シャープがやる気が無さそうだもの。

どのメーカーでも数年前の端末に今更、お金をかける事はしないよなぁ。

101Fや106SHのRAMが1GBの端末にAndroid 4.4を入れたら、サクサクになりそうだが。

富士通もしなそうだなぁ。

今後でる端末は、OSのメモリー使用料が減ったのである意味、良くなるかもね。

バグ修正やソフトウエア更新でRAMの消費するところだけでも、改善してくれないかと。

まぁ、日本メーカーのやるきがなぁ。
そのまえに、日本メーカーのいらないプリインストールのアプリをどうにかしてくれと。

Androidと話題ネタを