2014年4月11日金曜日

101Fでパケット通信を調べて「3G」や「H」、「H+」が表示されるので調べてみた。

ARROWS A 101Fを使っていて、パケット通信時にリアルタイムに、転送スピードが解るのが欲しいなと思い、アプリを探したら。


「Floating Network Monitor」に出会いました。
小さい文字で、転送量がわかるので、WIFI時や3GやLTE回線時のパケ使用料が見られます。

使っていくと、表示の右側に「3G」や「WIFI」って出ている部分が、「H」や「H+」と表示されるので調べてみたら。

表示
WIFI  もちろん、WIFI回線を利用
3G  3G回線を利用
4G(LTE) 101Fの3G端末の為、未確認
H   HSDPAを利用した、3G ハイスピードで 下り最大14.4Mbps、上がり5.76Mbps
H+  HSPA+(DC-HSDPA)を利用、ULTRA SPEED 下り最大42Mbps

どうやら、こんなかんじですね。
最初は「+」って付くと、プラチナバンド900MHzかなぁと思ったけれど、ULTRASPEEDの方があっているみたい。数字的にも大きい数字が出ていますし。

普段は、3Gとなっていることが多いですが、メールやインターネットをしていると「H」、「H+」に変化します。
意外と、転送スピードや今使われている、回線を知りたいときには良いアプリかもね。

Androidと話題ネタを