2014年5月28日水曜日

WIFIルーターを新しくしても、その電波を受信して処理するパソコンが早くないと意味が無いね。

家のWIFIルーターをBUFFALO製「WHR-1166DHP」に変えた。

確かに、今まで使ってきたWIFIルーターと比べると、以前は上下とも約30Mbpsだったのが、新しいルーターだと、上下 約50Mbpsも出ています。

しかし、私の家にある端末。

iPhone4SやAQUOS PHONE 204SH、ARROWS A 101F、ノートPC X101CHでは、無線LANのデータのやりとりが早くなってもそれを処理することが、間に合わないみたいで、体感速度は変わらず(-_-;)


「WHR-1166DHP」の電波の届く距離は、木造2階建てでルーターから見て対角線上の位置の下手だと、ほとんど、入らない・・・。
2.4GHzで多少はいるぐらいですね。

「WHR-1166DHP」は距離は飛ばないけれど、ルーターがある部屋なら速度は早いと思います。

まぁ、このぐらいの電波の飛びなら良いのでは。
感想としては、良い方だと。

今の所、電波も安定しています。
速度も出ていますので、問題なさそうですね。

Androidと話題ネタを