2014年6月11日水曜日

mineoのメール設定です。Xperia Z1にて設定してみました。「****@mineo.jp」

au初のMVNO mineo(マイネオ)でシングルプランやデュアルタイプを申し込むと、「****@mineo.jp」(1個/回線)のメールアドレスがもらえます。
せっかく、料金プランの中に入っているのだから、設定して使って見たいと思います。


ちなみに、初期のメールアドレスやパスワードは、SIMカードとは、別に「mineo登録証」の左下に書いてあります。

Xperia Z1 SOL23、mineoで「セルスタンバイ」が出ています。



au回線で、初のmvnoのmineo、Xperia Z1 SOL23に入れて使っていますが、セルスタンバイが発生しています。
シングルタイプ(データ通信のみ)980円使用

LTE電波だけだと、駄目みたいですね。

au ARROWS Z FJL22だとねセルスタンバイが出ないらしい。

当然、電池のヘリも早いですが、Battery MIXアプリで自分の環境で「-3.7P/H」ですね。
自分は、電池の減りが早い101Fを使っていたので、-3ぐらいの数値だと、減りが少ないねと思う。

ARROWSの不具合に慣れていた自分がorz

まぁ、これは、3G回線を使わないで、LTE回線のみなので意外と電波が無いのがわかったau。
auにアンテナを多く立ててもらうか、Sonyのアップデートで修正してもらうか・・・・。

とりあえず、気にしなければ使えていますので、問題なしですね。
スピードもauのLTE理論値まで行きませんが、十分に早い速度が出ています。

格安SIMカードのMVNO契約が4割増の急成長。安いけれど、やはり、それなりですね。

民間調査会社のMM総研(東京都港区)が10日に発表した国内MVNO(仮想移動体通信事業者)市場調査によると、2013年度の回線契約数は前年度比42・7%増の1480万件と大幅に伸びた。移動体通信市場全体から見ると1割程度だが、「格安スマートフォン」の登場で、利用者が急増している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140610-00000544-san-bus_allこちらのリンク先より一部引用しました。詳しくはリンク先を。


確かに、MVNOの格安SIM、激安SIMつて値段が魅力ですよね。
後、ドコモ、au、SoftBankみたいに、複雑な縛りが無く料金プランもシンプルなのが良いですね。


自分も、auのMVNO、mineoを使っていますが、au回線の間借りなので、LTE回線と言っても、理論値よりはるかに離れたスピード(通信速度)でした。
それでも、十分に早いです。

mineoみたいに、1ヶ月で1GBのデータ通信量しか使えなければ、LTEのスピードが早くyoutubeなどの動画を見たら、数日で使い終わってしまう(;^ω^)

また、mvnoをしきりが高く感じます。
書くキャリアみたいにサポートが行き届いていない、感じですね。
とりあえず、例題は用意しておくから、後は、自分たちで調べてねっていう感じですね。

ドコモみたいに、入れれば使えるのも有れば、apn設定してから使うっていうもありますし・・・。

安いなりにサポートに人件費に手を入れていない感じかなぁ?
ただ、やはり価格は魅力ですよね。

SoftBankがmvnoしていませんが、もし、SBでもmvnoの会社が現れれば、値段もワンコインで充実したサービスも出てきそうですね。

Androidと話題ネタを