2014年6月28日土曜日

SIMロック解除を義務化に。2年縛り違約金も禁止!!

総務省は、携帯電話会社が販売した端末を他社で使えないようにする機能「SIMロック」の解除を義務化させる方針を固めた。2015年度にも実施する。携帯電話の利用者が別の携帯会社へ乗り換えやすくなり、利用者の利便性向上や競争加速につながる。30日に開く有識者会議の中間取りまとめに盛り込み、年度内に具体策を詰める。

総務省は、SIMロック解除に応じない場合は電気通信事業法に基づく業務改善命令の対象にするなどして事業者に徹底させる方針だ。契約から2年間は解約時に違約金が発生するといった商慣行の見直しも検討している。

http://mainichi.jp/select/news/20140628k0000e020166000c.htmlこちらのリンク先より一部引用しました。詳しくはリンク先を。

多分、SIMロック解除に行くと、
『※SIMロック解除費用がかかります』と言われて。

2年縛りの違約金以上取られそうだなぁ。

まぁ、これで困るのはSoftBankぐらいだろう。

新しい料金プランも各社同じなので、そのあたりもどうにかしてほしいなぁ。

今後、中古や白ロムが流行りそうですね。
できれば、キャリア側も長期ユーザーをもう少し優遇してほしい。

通信料が値上がりしているとMVNOの格安SIMも選択肢が増えますね。

しかし、携帯電話に税金がかれられるようにするための・・・・。

ARROWS A 101F Android OS 4.4は来ないなあ・・・・。

SoftBank ARROWS A 101Fですが、Android OS 4.4は、来なそうですね。
むりか・・・。


auとDocomoのAndroid 4.4にアップデートする予定機種が発表されましたが、ほとんどが、グローバル端末。
SHARPと富士通は、Docomoで一種類のみだったはず、いいのかコレで?

Android 4.4は低スペックでも耐えられるOSに仕上げたはずですが、メーカーのやる気が無いのか?
キャリアが止めているのか不明ですが・・・。

OSのアップデートをすると、不具合も発生する可能性があるのでメーカ側も数年たった端末にそこまでと言う考えもあるかもしれませんね。

OSのアップデートを買った後に期待をするなら、グローバル端末を発売しているメーカーで更に、ハイスペックモデルの端末にしないとアップデートは来なそうですね。

2年縛りで使うには、OSのアップデートが来ないと、アプリ上辛い時もあるし。


Androidと話題ネタを