2015年5月17日日曜日

東芝 REGZA 37RH500にIODATAのRHD-UX500(中古)をつなげてみた。

我が家のテレビは、東芝のレグザがあります。
地デジ移行前に出た、製品で内蔵ハードディスクが装備されています(320GB)。

しかし、最近、不調です。
予約してあるデータが飛んだり、録画してある番組にゴーストがはいったりして・・・。
※formatしても改善されなかった。

以前から、外付けハードディスクを考えていましたが、何故かこのレグザに外付け、ハードディスクの企画は、「eSATA」なのです(;^ω^)


お立ち台の裸族も考えていた所、こちらの中古屋さんで限定で2800円で500GB!!

買ってしまった(;´∀`)

早速、REGZAにつなげましたよ。
はい、ケーブルでつなげてREGZAでformatしたら、簡単に使えた。
内蔵ハードディスクも今までのも見られるし録画も見られる。
外付けも録画もできるようになったので、しばらくこれでOK

若干RHD-UX500のファンの音がするけど、気にならないレベル
気のせいか、外付けのハードディスクに録画したテレビの画質が低いのは気のせい??
当初の予定より半額ぐらいで設置出来たので良しとします。
一応、万が一、これがREGZAに繋げられなくてもディスクトップのパソコンでeSATAも使えるし、USBでも繋げられるので、マイナスな考えが出なかったなぁと。

Androidと話題ネタを