2016年1月15日金曜日

百度(Baidu)のスマホアプリ「Simejiプライバシーロック」がスマホ乗っ取られる恐れ(バックドア)

スマートフォンの基本ソフト(OS)「アンドロイド」端末向けに国内で提供されているアプリに、本来存在しないはずの「バックドア」(裏口)があると指摘されていたことが分かった。

情報セキュリティー会社はスマホを乗っ取られる可能性も指摘しており、アプリ提供会社が利用者に対し、今月中のアプリ削除などを呼び掛ける事態になっている。

このアプリは、中国検索大手の百度が提供するアンドロイド用アプリ「Simejiプライバシーロック」(SPL)。他人に見られたくないスマホの写真やアプリなどに個別に鍵をかけ、非表示にする機能を持つ。国内で約4500人がダウンロードしたとされる。

情報セキュリティー会社トレンドマイクロ(東京)が昨年秋、百度の提供するアプリ開発キットに、外部からの侵入を許すバックドアを確認した。このキットで作られたアプリにはバックドアが仕込まれる。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160115-OYT1T50013.htmlこちらのリンク先より引用しました詳しくはリンク先を。

まだ、BaiduのアプリやSIMEJIを使っている人いるの??

約4500人がダウンロードしたとされる。←情弱と言うか無知?

あれだけ、BaiduやSimeji系は危険と言われているが、大陸から来ている人たちなのね。
日本名を持っているが中身は・・・。

Simejiプライバシーロック公開停止のお知らせ

バイドゥ株式会社は2016年1月31日を持ちまして、Google Play上で提供しておりました「Simejiプライバシーロック」を公開停止いたします。

公開停止の理由

Simejiプライバシーロック」は外部OEM製品として開発したAndroidアプリです。
今回、外部開発のソースコードに対するチェックが弊社内で不十分であったことから、アプリに含まれていた脆弱性の管理が行き届きませんでした。
バイドゥは、このような事象を深く受け止め、OEM製品を利用する場合のチェック体制を見直すためOEM製品の活用を停止します。

GooglePLAYにも公開中止だって。

いまなら、情弱様のレビューが見られますよ。






Androidと話題ネタを